東京芸術祭ワールドコンペティション2019」副審査員長をやらせていただきます!

本年度から東京芸術祭にて新たに開催される「東京芸術祭ワールドコンペティション2019」の副審査員長に就任いたしました!

東京芸術祭は、東京の多彩で奥深い芸術文化を通して世界とつながることを目指した都市型の総合芸術祭で、2016年から開催。2018年に総合ディレクターとして就任した宮城聰氏(演出家/SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術監督)と参加事業のディレクターとの協働体制で展開しています。

4年目を迎える本年度は「出会う。変わる。世界。」をテーマに掲げ、新規に開催する「東京芸術祭ワールドコンペティション」をはじめ多彩なラインナップで開催いたします。


<東京芸術祭ワールドコンペティション2019>

開催期間:2019.10.29(火)- 11.4(月・祝)

審査員:審査員長 / ジャック・ラング

    副審査員長 / 夏木マリ

公式サイトはこちら


アジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカの5地域と日本から選ばれたアーティストがが一堂に会し、作品を発表。コンペティションを通じて異なる価値観が出会い、議論が生まれます。最優秀作品賞、観客賞ほかも創設。誰もが作品の背景を深く知り、語り合えるよう、各地域のアーティストを選定した推薦人によるトークイベントをを行い、審査プロセスを公開します。

世界の舞台芸術の新たな登竜門として、TOKYOから世界に向けて次代の豊かな舞台芸術を発信します。

0コメント

  • 1000 / 1000