PROFILE

BIOGRAPHY

73年デビュー。

80年代から演劇にも活動の場を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞。

93年からコンセプチュアルアートシアター「印象派」でエディンバラ、アヴィニヨンなどの演劇祭に参加。

09年パフォーマンス集団MNT(マリナツキテロワール)を立上げ主宰。ワークショップを通じて後進の指導にも力を入れ、その功績に対しモンブラン国際文化賞を受章。

14年からは毎年秋に京都の世界文化遺産 清水寺にてパフォーマンス『PLAY×PRAY』を文化奉納。

17年春には「印象派」の新作「印象派NÉO vol.3 不思議の国の白雪姫」を公演。東京・京都・パリ(ルーヴル美術館)にて成功を収めた。

俳優としては、多数の映画・舞台・ドラマに参加し、数々の賞を受賞。2018年には、東日本大震災を経験した家族を描いた主演映画「生きる街」(監督: 榊英雄)、カンヌ映画祭常連の河瀬直美監督最新作「Vision」、が公開。

また、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」では湯婆婆役で声優として参加し、世界中のジブリ映画ファンの注目を集めた。近年では、ディズニーアニメーション「モアナと伝説の海」(2017)、ウェス・アンダーソン監督のストップモーションアニメーション映画「犬ケ島」(2018)など、ヴォイスキャストとしても活躍している。

音楽活動では、近年、「FUJI ROCK FESTIVAL」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO」など夏フェスにも精力的に出演し、圧巻のロックなパフォーマンスでオーディエンスの度肝を抜いた。また、ロックとはまったく異なった表情を持つ、ジャジーでスタイリッシュなステージを「MARI de MODE」と題し、Blue Note TOKYOで開催し好評を博している。ミュージックシーンでは、感じる音楽を体現している国内において貴重なシンガーである。

その他、途上国への支援活動「One of Loveプロジェクト」の代表をつとめるなど、多岐にわたる活動を精力的に続けている。

現在、蜷川実花監督ドラマ『FOLLOWERS』(Netflix)、三谷幸喜脚本・演出のドラマ『誰かが、見ている』(Amazon Prime Video)が配信中。

また、Youtubeチャンネル「マリより証拠」「GIFTiD」を開設。

2021年は、延期となっていた世界初演『印象派NÉO vol4「The Last of Pinocchio ピノキオの終わり」』を公演予定。また待機作に、映画『大コメ騒動』(監督:本木克英 / 2021.1.8公開)、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(2021年度前期)がある。


Made a debut as a singer in 1973 and during 80's expanded her acting career in the theatre and films.

Received several awards as hopeful new talent like Japan Selected Artist Award/Best New Artist.

1993 participated in Edinburgh, Avignon Festival with her own conceptual performing art project : ”IMPRESSIONIST”.

2009 presided her performance troupe MNT(Mari NATSUKI Terroir) and fosters new talents through workshops, which awarded her Mont Blanc International Art & Culture Prize.

Since 2014, has been performing a culture offering act : “PLAY x PRAY” at Kyoto Kiyomizu Temple (World Cultural Heritage) in every autumn.

2017 Spring, achieved a big success by performing the newest production of The IMPRESSIONIST:

“NEO vol.3 / Snow White In Wonderland” in Tokyo, Kyoto, Paris (Musee du Louvre).

The recent music activity includes summer rock festivals as “FUJI ROCK FESTIVAL”,“RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO”and impressed a stadium audience with her unique overwhelming stage performance. Another side of her jazzy profile impressed audience at Jazz Club BLUE NOTE Tokyo.

Her stylish act: “MARI de MODE” planned for 2 nights run as a special returning gig in spring 2018.

She is highly acclaimed as one of the rare singer who embodies the down to earth music in a domestic music scene.

Worked for a number of films, stages, TV dramas and received many awards. 2003 voice acted of topical Yubaba(old woman)'s role for Hayao Miyazaki's 2003 Academy Award winning annimation “Spirited Away” and drew a world wide attention. Since then, voice casted for the principal roles in W.Disney's “ Moana” (2016) and French Animation “ Ballerina LEAP ”(2016). The spring of 2018 Hollywood stop motion animation : ”Isle of Dogs”, voice casted answering to the love call from the director Wes Anderson. 2018 regular Cannes F.F. Participant, the director Naomi Kawase's film “Vision” was released and took a lead role in the film portraying a family survived East Japan Earthquake & Tsunami : “Ikiru Machi” (dir. Hideo Sakaki) was released in the same year.

2019 January the newest EP : “CO・RO・NA / Live Myself ” was digital released produced by Shinichi Ozawa and simultaneously 7 inch analogue version was released for “Record Store Day” Campaign.

Currently, the film “Followers”(dir. Mika Ninagawa) is under live streaming on Netflix in 190 countries.

She keeps on working vigorously in a wide variety of fields, while presiding a support work project for the developing countries headlined as “One Of Love”.

DISCOGRAPHY

【DIGITAL RELEASE】

『Co・ro・na / 私を生きて』デジタル版

配信日:2019年1月26日(土)

 1. Co・ro・na <作曲: 大沢伸一 / 作詞: 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)>

 2. 私を生きて <作曲: 大沢伸一 / 作詞: UA>

 3. Co・ro・na (Live Arrangement)

Produced by 大沢伸一(MONDO GROSSO)

配信はこちら


『Co・ro・na / 私を生きて』 アナログ版

 発売日:4月13日(土)

 A1.Co・ro・na <作曲: 大沢伸一/作詞: 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)>

 B1.私を生きて <作曲: 大沢伸一/作詞: UA>

 仕様:7inch

 品番:TYO7S1012

 販売価格(税抜):1,800円

 レーベル:TOYOKASEI


【MINI ALBUM】

朝はりんごを食べなさい

発売日:2016年4月13日

価格:¥2,685(本体)+税

規格番号:WPCL-12353


【SINGLE】

Player

配信開始日:2014年10月11日

規格番号:--

購入

ALLIANCE

発売日:2012年10月31日

価格:¥1,143(本体)+税

規格番号:WPCL-11259

購入

It's So Great(2008年)

「資生堂インテグレート」CMイメージソング。


リンダ リンダ / 君へ-ONE NIGHT ONLY- (2007年)

THE BLUE HEARTS『リンダリンダ』のカヴァー。

DREAM GIRLSの劇中でも歌われている「ONE NIGHT ONLY」収録。


いいじゃないの幸せならば(1998年)

佐良直美のカバー曲。佐々木潤とのスプリットシングル。

「港マリ」役で出演しているビデオ映画「代官山物語」主題歌。小西康陽プロデュース。


港のマリー / むかし私が愛した人(1995年)

小西康陽プロデュース。


DAY BY DAY 女・美しく生きて下さい / DAY BY DAY 友情・美しく生きて下さい (1991年)

桃井かおりとのデュエット。


流されて / WED(1987年)

ロック・ミュージカル「ウェッド」のテーマソング。桑名正博とのデュエット。


愛人マンボ / お天気マリさん (1986年)


ZIGZAG仁義 / 憧れのろくでなし (1986年)

マリ名義。


ふ・つ・う・の女 / ミラボー橋で抱きしめて (1982年)

「味覚糖ピアピア」CMソング


誘惑されて-LIPS・SCANDAL- / カンサス・幻の街 (1981年)

「味覚糖ピアピア」CMソング


ウィング / 夜汽車に吹かれて (1979年10月21日)

「Gメン'75」エンディング・テーマ


さよならの鐘 / 朝焼け (1979年3月21日)

ともに中島みゆきのカヴァー。前者はグラシェラ・スサーナへの提供楽曲。


マンゴの木の下で / 淋しさに出遭うとき (1978年6月21日)


チャイナ・タウン / ナイアガラ (1978年4月)


これしかないのです / わたしの本音 (1977年8月21日)


悲しみ上手 / TWICE (1977年1月21日)


夏の夜明けは悲しいの / ガラスの絆 (1976年6月21日)


裏切り / マリのテーマ〜歌は恋人 (1976年1月5日)


愛情の瞬間 / 愛人どまり (1975年5月25日)


誤解はといて / もうかんにんして (1975年2月10日)


それからどうするの / バス停留所 (1974年11月10日)


夏のせいかしら / 砂の女 (1974年6月25日)


裸の青春 / あなたはおとな (1974年4月25日)

「高校教師」オープニング・テーマ


お手やわらかに / 黄金と情熱 (1974年3月10日)

業務用カラオケ・JOYSOUNDにおいて、選曲番号が1番となっている。


裸足の女王 / 野生の女 (1973年11月10日)


絹の靴下 / 媚薬 (1973年6月15日)

【ALBUM】

印象派コレクション

発売日:2013年2月6日

規格番号:TKCA-73876

発売元:㈱徳間ジャパンコミュニケーションズ

THE HIT PARADE(2008年)


決定版 夏木マリ(2005年)


戦争は終わった(2005年)


夏木マリ全曲集(2003年)


パロール(2002年)


13シャンソンズ(1998年)


印象派(1997年)


ゴリラ(1996年)


ベストヒッツ(1993年)


婦人倶楽部(1986年)


Mirror Ball(1982年)


悲しみ上手(1977年/2006年紙ジャケCD再発)


夏木マリIV(1974年/96年CD再発)


夏木マリ・ビッグ・ヒットを歌う(1974年/96年CD再発)


絹の靴下〜マグネット・アルバム(1973年/94年CD再発)

【GIBIER du MARIE】

夏木マリをボーカルとし、2006年3月にデビューしたブルースバンド。

デビュー時のメンバーは、夏木マリ(Vo)、斉藤ノヴ(Perc)、久米大作(Key)、

樋口晶之(Dr)、ichiro(Gt)、高橋"Jr."知治(Bass&Harmonica)。


シングル:Blues(2006年)


アルバム:GIBIER du MARI(2006年)


アルバム:GIBIER du MARI2(2007年)


アルバム:One of Love(2009年)