PROFILE

BIOGRAPHY

73年デビュー。

80年代から演劇にも活動の場を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞。

93年からコンセプチュアルアートシアター「印象派」でエディンバラ、アヴィニヨンなどの演劇祭に参加。

09年パフォーマンス集団MNT(マリナツキテロワール)を立上げ主宰。ワークショップを通じて後進の指導にも力を入れ、その功績に対しモンブラン国際文化賞を受章。

2014年からは毎年秋に京都の世界文化遺産 清水寺にてパフォーマンス『PLAY×PRAY』を文化奉納。

2017年春には「印象派」の新作「印象派NÉO vol.3 不思議の国の白雪姫」を公演。東京・京都・パリ(ルーヴル美術館)にて成功を収めた。

近年、音楽活動では「FUJI ROCK FESTIVAL」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO」など夏フェスにも精力的に出演し、圧巻のロックなパフォーマンスでオーディエンスの度肝を抜いた。

また、ロックとはまったく異なった表情を持つ、ジャジーでスタイリッシュなステージを「MARI de MODE」と題し、ブルーノート東京開催し好評を博している。ミュージックシーンでは、感じる音楽を体現している国内において貴重なシンガーである。

俳優としては、多数の映画・舞台・ドラマに参加し、数々の賞を受賞。

また、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」では湯婆婆役で声優として参加し、世界中のジブリ映画ファンの注目を集めた。近年では、ディズニーアニメーション「モアナと伝説の海」やフランスのアニメーション「フェリシーと夢のトウシューズ」でも物語のキーマンとなる人物を演じ、アメリカのTVドラマ『フュード/確執ベティvs ジョーン』では劇中ジョーン・クロフォード役を演じるジェシカ・ラング役を好演。ヴォイスキャストとしても活躍している。

2018年春公開のハリウッドのストップモーションアニメーション映画「犬ケ島」にもウェス・アンダーソン監督のラブコールを受けて参加。

また、東日本大震災を経験した家族を描いた主演映画「生きる街」(監督: 榊英雄) が公開中。

他にもカンヌ映画祭常連の河瀬直美監督最新作「Vision」へ出演。

その他、途上国への支援活動「One of Loveプロジェクト」の代表をつとめるなど、多岐にわたる活動を精力的に続けている。

DISCOGRAPHY

【MINI ALBUM】

朝はりんごを食べなさい

発売日:2016年4月13日

価格:¥2,685(本体)+税

規格番号:WPCL-12353


【SINGLE】

Player

配信開始日:2014年10月11日

規格番号:--

購入

ALLIANCE

発売日:2012年10月31日

価格:¥1,143(本体)+税

規格番号:WPCL-11259

購入

It's So Great(2008年)

「資生堂インテグレート」CMイメージソング。


リンダ リンダ / 君へ-ONE NIGHT ONLY- (2007年)

THE BLUE HEARTS『リンダリンダ』のカヴァー。

DREAM GIRLSの劇中でも歌われている「ONE NIGHT ONLY」収録。


いいじゃないの幸せならば(1998年)

佐良直美のカバー曲。佐々木潤とのスプリットシングル。

「港マリ」役で出演しているビデオ映画「代官山物語」主題歌。小西康陽プロデュース。


港のマリー / むかし私が愛した人(1995年)

小西康陽プロデュース。


DAY BY DAY 女・美しく生きて下さい / DAY BY DAY 友情・美しく生きて下さい (1991年)

桃井かおりとのデュエット。


流されて / WED(1987年)

ロック・ミュージカル「ウェッド」のテーマソング。桑名正博とのデュエット。


愛人マンボ / お天気マリさん (1986年)


ZIGZAG仁義 / 憧れのろくでなし (1986年)

マリ名義。


ふ・つ・う・の女 / ミラボー橋で抱きしめて (1982年)

「味覚糖ピアピア」CMソング


誘惑されて-LIPS・SCANDAL- / カンサス・幻の街 (1981年)

「味覚糖ピアピア」CMソング


ウィング / 夜汽車に吹かれて (1979年10月21日)

「Gメン'75」エンディング・テーマ


さよならの鐘 / 朝焼け (1979年3月21日)

ともに中島みゆきのカヴァー。前者はグラシェラ・スサーナへの提供楽曲。


マンゴの木の下で / 淋しさに出遭うとき (1978年6月21日)


チャイナ・タウン / ナイアガラ (1978年4月)


これしかないのです / わたしの本音 (1977年8月21日)


悲しみ上手 / TWICE (1977年1月21日)


夏の夜明けは悲しいの / ガラスの絆 (1976年6月21日)


裏切り / マリのテーマ〜歌は恋人 (1976年1月5日)


愛情の瞬間 / 愛人どまり (1975年5月25日)


誤解はといて / もうかんにんして (1975年2月10日)


それからどうするの / バス停留所 (1974年11月10日)


夏のせいかしら / 砂の女 (1974年6月25日)


裸の青春 / あなたはおとな (1974年4月25日)

「高校教師」オープニング・テーマ


お手やわらかに / 黄金と情熱 (1974年3月10日)

業務用カラオケ・JOYSOUNDにおいて、選曲番号が1番となっている。


裸足の女王 / 野生の女 (1973年11月10日)


絹の靴下 / 媚薬 (1973年6月15日)

【ALBUM】

印象派コレクション

発売日:2013年2月6日

規格番号:TKCA-73876

発売元:㈱徳間ジャパンコミュニケーションズ

THE HIT PARADE(2008年)


決定版 夏木マリ(2005年)


戦争は終わった(2005年)


夏木マリ全曲集(2003年)


パロール(2002年)


13シャンソンズ(1998年)


印象派(1997年)


ゴリラ(1996年)


ベストヒッツ(1993年)


婦人倶楽部(1986年)


Mirror Ball(1982年)


悲しみ上手(1977年/2006年紙ジャケCD再発)


夏木マリIV(1974年/96年CD再発)


夏木マリ・ビッグ・ヒットを歌う(1974年/96年CD再発)


絹の靴下〜マグネット・アルバム(1973年/94年CD再発)

【GIBIER du MARIE】

夏木マリをボーカルとし、2006年3月にデビューしたブルースバンド。

デビュー時のメンバーは、夏木マリ(Vo)、斉藤ノヴ(Perc)、久米大作(Key)、

樋口晶之(Dr)、ichiro(Gt)、高橋"Jr."知治(Bass&Harmonica)。


シングル:Blues(2006年)


アルバム:GIBIER du MARI(2006年)


アルバム:GIBIER du MARI2(2007年)


アルバム:One of Love(2009年)